其の十三 道草の功名

目的地までの

世界一周を夢見る旅人が、その旅路を完歩したとき、万感の想いが溢れ出す。

達成感も然る事乍ら、 数々の思い出が旅人の心を彩るからである。

これまではずっと欲しいと思っていたものに、ようやく手が届いたとき、それまでの何かが、実はもっと大切なものだったと気付くこともある。

人生という長い旅路で、楽しい穏やかな道を歩むとこもあれば、険しい道のりを越えなければならない日もあるだろう。

しかし、そんなときでも、焦らずゆっくりと、巌窟王の如く、着実に人生の経験値を積んで征け。

順風満帆だった青年は、嫉妬と強欲の化身によって無実の罪で投獄された。しかし、獄中で出会った老人に万学の智慧を授かり、痛快な復讐劇を成し遂げる。

獄中での出会いを大切にしていなければ、彼はそこで朽ち果てていただろう。

旅の途で何が起きようとも、全ての出来事には意味があると思い定めて受け入れよ。

巌窟王の筆者、アレクサンドル・デュマは豪語する。

toute la sagesse humaine sera dans ces deux mots :  Attendre et espérer !
人間の叡智はすべて次の言葉に尽きる。待て、而して希望せよ!

心置きなく、道草を楽しめ。

目的地に辿り着くまでの何かを大切に。

 

過去の講義、読んだれや!

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA