其の一 始まりの深呼吸

まりの深呼吸

これより、世界の漢塾、記念すべき最初の講義を始める。

これからの世界を担う諸君は、ノートにメモをとるのではなく、その生命(いのち)に刻み込むように。

それでは、参る。

何のため?

人生の目的、それは、

古今東西、他でもない、何を隠そう、言うまでもなく、言わずと知れた、火を見るよりも明らかで、誰が何と言おうと、

幸福になることである

しかし現実はどうだろうか?

過労死、孤独死、自殺、いじめ、虐待など、幸せとは程遠い、悲しい報道が後を絶たない。

本来「命」とは、それほど軽いものだったのだろうか?

命のはじまりは、宇宙の息吹き。

奇跡と呼ばれるに等しい惑星の形成、銀河の誕生。

そして億年もの時をかけた生命体の進化。

やがてこの星に生を受けた男女が巡り会い、更に歳月をかけ、命懸けの愛の共闘で授けた生命。

そう、それは文字通り「授けられた」歓喜溢れる命。

中には、妊娠ができない人、やっとの想いで妊娠しても流れてしまった人、死産の人も星の数ほどいただろう。

医療が発展した現代でも、 世に生を授けることすら許されず、悩んでいる人もいるだろう。

その深い悲しみは、世のあらゆる機器を用いても決して計ることはできない。

冥土から死者も問う、

命がそんなに軽いもんかって訊いとるじゃい!

と。

答えは「No」だ。

生きろ!

あらゆる生命は等しく尊く、大宇宙の摂理に従って営まれるべきものである。

自然界の掟は厳しい。

弱肉強食である。強いものが生き残る。植物界にしても動物界にしてもそうである。

しかし、本来、そこには「意図的に相手を不幸にさせるためだけの行為」など存在しない。

自然界は、各々が生きる目的を知っているからだ。

人間のみが、生きる目的を見失い、不幸の連鎖を生む。

誰一人として、不幸になるためだけに生まれてこない。そうであってはならない。

強くなれ。不幸であるならば、それすらも活かせ。

人生は学校である。
そこでは幸福より不幸の方が良い教師である。
ロシアの文学者フリーチェ

今一度大きな深呼吸をして、冷静になれ。

感情に左右される前に、花のように優雅に呼吸しろ。

誰かを罵る前に、岩のように静かに呼吸しろ。

そして思い出せ、本来の人類の根本的な生きる目的を。

私利私欲は、かえって自分を不幸する。

如何にして誰もが喜ぶかを考え抜け。偽善や誤魔化しではなく、本気で極力みんなが幸福になるよう最善を尽くせ。

それが、我が塾生の生きる基本姿勢である。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA